Pocket

1.Grand Canyon of Pokhara

ポカラのセテキ川の谷を埋めたマチャプチャリ峰(6997m)からの洪水堆積物の最南端、トートンガにグランド・キャンオンを思わせる大規模な崖が発達している。ポカラの谷を埋めている堆積物をセティ川が浸食し、ポカラ空港の南3kmの地点トウトンガに落差100mの崖ができている。この巨大な崖をグランド・キャニオンと仮に称しているが、そこには大規模な河岸段丘地形や、日中は谷風の上昇気流にのってワシなどの大型鳥類をはじめ、サルなどがあらわれる。また、ヒンズー教の寺院があり、葬式のあと、崖下のセティ川で水葬が行われるのを見ることができる。(半日コース)
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider
Cliff of Pokhara conglomerate ( Grand Canyon of Pokhara )
Pokhara conglomerate
Topography of Pokhara and Seti river
Pokhara conglomerate at Tutongha
Birds sanctuary at Tutongha
Wild monkeys (Macacca) at Tutongha
Sita Paila Temple and Birds