Pocket

1.はじめに

Picture

Picture ハージュン観測基地でのメンバー・スナップ (左から2番目が井上治郎さん)

1973年春は、北極海の氷島T3などのアルバイトで資金をためたわたしたちが、ネパール・ヒマラヤ氷河調査隊(GEN)をはじめたときで、その年の井上治郎さんは、京都大学のヤルン・カン登山のあとGENにくわわり、世界最高峰チョモランマ(サガルマータ、エベレスト)の南麓に位置するクンブ地域のハージュン基地周辺に7月から11月まで滞在している。表題は、その時の治郎さんの言葉であった。
ハージュンとは、富士山よりも700mほど高いGENの基地名。そこにはハージュン日誌があり(
ウェブサイト http://glacierworld.weebly.com/ の 「国際協力>ネパール>4.ネパール氷河調査隊ハージュン基地建設」参照)、メンバーのおおくは、毎日のできごとや感じたことをかなり意欲的に日誌に書いているが、治郎さんはハージュン周辺滞在125日のうちわずか4日しか書いていない。彼の日誌記入率?4/125=0.032は例外的にすくない部類にはいるといえるだろう。その彼が日誌を記入したのは、ハージュン基地を去る直前の4日間のことであった。
だが、その4日間の彼の日誌を見ると、記入率は低いといえども、治郎さんが日誌を書くことに意欲的でなかったわけでは決してないことがわかる。というのは、その4日間の日誌には、ヒマラヤ調査のありかたや現地の人たちとのつきあいかたについて、8ページにわたりじつに意欲的に、あたかも別離の情にたえられず堰をきったかのように、彼は書いているのである。表題の言葉もふくめて、その内容が彼自身をよく表していると考えるので、長くなるが紹介させていただきたい。いまはすでに、梅里雪山峰の氷河にいだかれてしまった彼のことを、またいつかは、氷河から解放されるであろう彼のことをしのびつつ。

2.海外調査観

Picture

チョー・オユー峰を背にしたシェルパの友人たち(右端がペンバ・ツェリンさん)

わたしたちのようにヒマラヤ調査などを実施してきた者にとっては、海外調査の基本的なありかたのなかでも、とりわけ現地の人びととのかかわりかたが重要な課題で、治郎さんはそのことについて、個性的な筆づかいで次のように記している。
「こちらへ来てからずっと伏見氏と牛木氏の会話について考えている。日く、”我々のデータをヒマラヤ住民やネパール人民に還元すべし”。しかし私にはやはりこれはナンセンスとしか思えない。それをやるにはおそらく今の数倍以上のエネルギーが必要だろう。我々は研究者であって教育者ではないのだ。少なくとも私は未知の領域へ来て、研究(データをとること)で頭がいっぱいだ。とても遊びに来たシェルパに自分が今何をやっているか、説明しているヒマはない。勿論、その重要性は認める。地温計や雨量計がパクラレルのも、そういうコミュニケーションの不足からだろう。しかし、それなら観測を開始するまえに、全クンブのシェルパを集めて説明会を開けというのか?それぐらいなら自分はそのようなことは不測の事態としてアキラメた方が良いような気がする。日本の観測でも器械がこわされることはしょっちゅうある。まして教育程度の低いネパールでは仕方あるめえ。日本でも剣沢の雪渓を毎年はかるような仕事を一体何人が理解してる?小生もよくわからない。はまぐり雪に測量棒を立てておいても放ったらかしだったら、夏の終わりには殆どイタズラされているだろう。
我々の今度のデータは政府にリポートせねばならぬ。しかし、私の予想では、それらは数年間ホコリをかぶって、そのうち火事で焼けるか、あるいは廃棄処分になるかだろう。私はそれらを積極的に活用するようネパール当局に働きかける気は毛頭ない。そんな事はどっかの国のボランティアがやればよいのダ。そんなヒマがあれば自分はちょっとでもデータが欲しい。研究結果としてネパールは今後このようにすべきだという話がでてくるのは良い。しかし、最初から何もわからない状態で、何かネパールの為になることないかな?というような研究態度はまちがってると思う。そんなことするなら、クンビーラの南斜面に太陽電池でもバラまいて、クムジュン・クンデの村々に発電してやる方がずっとましだ。
シェルパやネパール人達がヒマラヤ高山地帯の利用について目を向け、その研究にのり出すのは何十年か先だろう。日本でも、その埋蔵遺跡や文化資産に目をつけたのはたまたま赴任してきた外人教師であった。我々は決して招かれてネパールに来ているのではない。彼らは自分達の国土に対する自覚もないのに、そういう教育、あるいは国土開発に似たようなことをはじめるべきだというのはバカげている。彼らにとって今なすべきことはヒマラヤ以外にワンサとある。我々はただ我々の仕事を如何にスムースになすかということのみを考えればよい」(11月10日)
ここには、5月初めにハージュン基地に滞在した牛木久雄さんとの議論をもとにわたくしが日誌に書いた「牛木氏と地域研究についての話題。彼の主張する”カトマンズにヒマラヤ研究所をつくり、我々の研究結果をネパール人に還元すべし”という考えに同感」(5月1日)という記事に対する治郎さんの「我々は研究者であって教育者ではないのだ」という考えかたから発想する彼一流の現実主義的な?観点が率直に語られている。海外調査を経験した人なら、たとえ自分中心の見方といわれようとも、つつみ隠さずに心を打ち明けている治郎さんの考え方にも共感を覚えるのではなかろうか。

3.GEN

Picture

石小屋(カルカ)でのキャンプ風景(食事の用意をするペンバ・ツェリンさん)

 ネパール・ヒマラヤ氷河学術調査隊の英語の略称”GEN”とは、 Glaciolo-gical Expedition of Nepal の略である。直訳すると、ネパールの氷河調査隊。GENだけでは見えないけれど、GEとNのあいだに”of”が入っている。しかし、メンバーが日本からきている隊なので、GE”of”Nでは英語の表現としておかしいという意見もあったが、当初のGE”to”N(ネパールへの氷河調査隊)の計画書では、ネパール外務省での2カ月ちかい交渉でも調査許可がもらえなかったのである。外国人によるネパールへの氷河遠征隊というニュアンスが強すぎたのだろうか。GENの先遣隊メンバーとしてカトマズ入りした小須田さんとわたくしは、ネパール外務省に日参しているうちに、ネパール人とのつきあいも深くなり、それにつれてネパール語もいけるようになると、考えかたも変わってきた。

 (よし、できるだけ現地主義でいこう。)
わたしたち、貧乏調査隊は、食料や薪などの衣食住をはじめとして、現地のひとびとの協力なしにはやっていけないのだから、好むと好まざるとにかかわらずかなりの部分を現地主義でいかざるをえなかったのである。たとえば薪についても地元の理解が必要で、モンスーン中は「宗教上の理由で煙をだしてはいけない」との申し出があったときも、それでは基地運営ができないので、地元のディンボチェ村の人びとと何回にもおよぶ協議をおこなったうえで、やっとわたしたちの調査活動を理解してもらったこともあった。英語の表現が少しくらいおかしくとも、GE”of”Nだと、現地主義の感じがでているではないか。GE”to”Nでは、いかにも、よそ者がやっている感じがするし、さらにすすめて、GE”for”N(ネパールのための氷河調査隊)のほうがよかったかな、と考えないでもなかったが---。
ところで、GE”of”Nの計画書にしてしばらくすると、ネパール外務省は許可証をやっと発行してくれたのである。そこで、地元のペンパさん、小須田さんとわたくしがクンブ氷河周辺を見てまわり、ハージュンを観測基地として選定し、現地の人びとの協力のもとに、基地建設・観測体制をスタートさせることができたのであった。ペンパさんによると、ハージュンとはシェルパ語で、幸福をもたらす神のすむ平らな土地という意味があるとのことである。ゲン(験、GEN)がよくなりますようにと期待しながら、ハージュン基地を開設したのであった。

4.氷河調査隊も進化?

Picture

Pictureアマダブラム峰とペンバ・ツェリンさん

さきに紹介したように、治郎さんは彼一流の現実主義的な観点からヒマラヤの学術調査を考えていたと書いたが、現実主義というと、ともすれば自己中心的な見方にとられがちだが、そうではなく、現地の人びととのつきあいかたについて、彼は次のようにのべている。
「ペンパと彼の将来についてしばらく語る。彼はやはりソル地域で農業指導者になりたい気持ちが強いようだ。モンジョの竹村氏に彼を紹介してやるのが良い手ではないか?しかし我々としては’74以後の計画遂行に彼のような良いシェルパが欲しい....結局は彼の判断によるだろう」(11月9日)。「我々は個人としてはいろんなデータをもって帰るだろうし、隊としてのデータもいわばみんなの興味が集中したものである。しかしそれ以外に我々、現在までのべ8人、がこういう観測をしたというのを何らかの形で残さねばならないと思う。具体的にはペンパにもっと観測の意味を教える必要があるのではなかろうか?彼は少し気が弱いところがあるようだ。我々ももっと積極的に彼に教えてやりたいと思う。そしてこのプロジェクトが終ったあとには、さすがに学術隊で暮らしたシェルパはちがうといわれるようにしてやりたいものだ。」(11月11日)
当時、牛木さんと語ったヒマラヤ研究所の構想は、1974年にカトマンズに開設したヒマ・アラヤ・バーバン(「ヒマラヤの舘」の意味で、この名前は牛木さんの命名)にむすびつき、そのあとは、渡辺興亜さんを中心とするグループの基金とカトマンズにおられたクサン・ノルブ・タワーさん一家らの援助もあり、「ヒマラヤの舘」は1976年の「カトマンズ・クラブ・ハウス」へと発展し、20年ほどにおよぶネパールにおけるわたしたちの研究基地になっていった。これらの研究基地は、いわゆる「ヒマラヤ研究所」といえるものにはなっていないが、山田知充さんたちが現在すすめているネパールの氷河洪水による災害アセスメントなどで、わたくしたちの研究成果が地元に還元されていることに見られるように、「ネパール人に研究結果を還元すべし」という当時の主張は具体化されつつあるのである。山田さんたちの現地での活動は、GENの観点からすると、GE”for”Nのプロジェクトになっている、といえよう。
ネパール・ヒマラヤの氷河調査隊は、かつてはGE”to”Nの時代だったが、われわれの1970年代にはGE”of”Nの観点がめばえ、そして山田さんをはじめとする1980年代からのプロジェクトなどではGE”for”Nの段階に達したのではなかろうか。とすると、氷河調査隊自身も進化?してきたのである。そのことは治郎さんが記していることと矛盾しない。「”我々のデータをヒマラヤ住民やネパール人民に還元すべし”...勿論、その必要性は認める...それをやるにはおそらく今の数倍以上のエネルギーが必要だろう。...その研究にのり出すのは何十年か先だろう」と、いみじくも治郎さんが見通していたのであるが、われわれはまさにその時代にいる。