Pocket

「2012年秋調査」番外編 1  インドネシア

トバ湖のホテイアオイ(1)

   「昔トバ湖にホテイアオイが大繁茂し、魚の餌が育たないので漁師が何とかならないか、と相談を受けたのを思い出しました。その後どうなったか見てきてください。」と石本さんから言われていたので、今日はパングルラン周辺のホテイアオイの分布状況をバイクで見て回りました。
Picture

ホテイアオイのはえる湖岸で洗濯する女と水遊びする子供たち

   ホテイアオイはパングルラン南西部の生活排水が入る閉鎖的な湖岸部分に主として分布しています。ただ、透明度は2mほどもあり、琵琶湖南湖より水はきれいで、子供たちは水遊び、女たちは洗濯をしています。魚もいますし、釣り人もたくさんいます。採集したホテイアオイが船に積んであるのも見ましたので、利用しているのかも。
Picture

パングルラン北西部の広大なトバ湖

   ただ、ホテイアオイの分布は、トバ湖全体を考えたら、局所的ですので、ネパール・ポカラのフェヴァ湖などに比べたら、今のところは、大きな問題にはならないのではないでしょうか。パングルラン北西部の広大なトバ湖では(例えば温泉地域の排水が入る部分)、子供や青年たちもが湖水で歯を磨き、口をゆすぎ、水浴しているのを見ると、話に聞く、琵琶湖の1950年代(高度成長期以前)の湖岸生活を見ているような感じです。
これらのことから、広大なトバ湖はまだまだ素晴らしい水質を保った貴重な財産である、言えるでしょう。財産ということに考えが及ぶと、ヒマラヤとの共通点がでてきます。ヒマラヤの神々の座、その麓の森林も、トバ湖同様に貴重な財産であり、自然(浄化)力の範囲内で利用している限り、財産は保たれるのです。トバ湖のホテイアオイ(2)
  
   前便で「ホテイアオイを利用しているのかも」と書きましたが、やはり、肥料として利用していることが分かりましたので報告します。
Picture

波止場でホテイアオイを天日干しにし、肥料を作っているところ

   上記の写真は、パングルランの波止場でホテイアオイを天日干しにし、肥料を作っているところです。この肥料は、現地バタックス語でウンブール・ウンブールと言われ、現在のところ、住民が個人的に行っている小規模なものですが、地元の人は行政がかかわって大規模に行ってほしい、と述べていました。ポカラのルパ湖で行っているホテイアオイ問題解決のための住民・生活改善運動が、湖の規模こそ違うが、示唆に富むのではないか、と思いました。湖水中の栄養分を吸収して成長したホテイアオイを湖から除去すれば、当然、水質改善に寄与するとともに、さらに肥料として利用できるのですから、まさに一石二鳥です。それにしても、パングルランでも、ホテイアオイの肥料化を住民の発想で行っているのには感心しましたが、行政の方は、今のところ大きな問題とはとらえていないのかもしれません。
Picture

生簀で養殖されたテラピア料理

   パングルラン周辺にはたくさんの生簀があり、テラピアなどを養殖しており、相当な飼料をまいているはずですが、養殖による水質悪化(富栄養化)の問題も、また養殖業へのホテイアオイの影響も、単位湖水量当たりの人数が少ないので、今のところは出ていないそうです。パングルランの人口は3万人程度で、集水域のなかで人口の多いサモシール島全体でも約12万人、人口密度は84人/km2ですので、滋賀県の人口140万人、人口密度人352人/km2と比べると、大きさも琵琶湖とそん色のないトバ湖(面積625km2)への人為的影響は、琵琶湖の10分の1程度で、はるかに小さいのです。そのため自然(浄化)力が発揮されているため、前回のフィールド報告のように、今のところ富栄養化などの水質問題に大きな影響が出ていないのでしょう。宿では、酢豚風の味がすばらしいテラピア料理があり、ヒマラヤで痩せた体がもとに戻りそうな感じがしました。
パングルラン北部の広大なトバ湖を見ていると、水質的にもきれいな琵琶湖北湖やモンゴルのフブスグル湖をふと思い出していたりもしています。さて、インドネシア滞在の4日間をトバ湖で過ごし、インドネシア風の焼きそば(ミィー・ゴレン)にも慣れてきたところですが、今日はトバ湖を離れ、メダン経由でクアランプールへ戻り、そして明日はヤンゴン水郷地帯へ行けるのを楽しみにしているところです。