Pocket

2016年ネパール通信2   ヒマラヤ地震博物館とヒマラヤ災害情報センター

Picture

写真1 大学から見るマナスル連山(2016年3月16日午前9時11分撮影)

ヒマラヤ地震博物館とヒマラヤ災害情報センターカトマンズ到着以来ほぼ1カ月になるが、ヒマラヤが見えたのはわずか3月15日と16日の2日だけである。それも、はっきりと見えたのではない。カトマン ズ大学(KU)周辺のスモッグの中に、日本隊が初登頂したマナスル峰がうっすらと見えたにすぎない(写真1)。前日の3月14日の午後に1時間ほどの雷雨 があり、夕方北からの強風でネパールを覆う大気汚染のスモッグを南に押しやってくれたが、それも不十分だったようだ。カトマンズ盆地の東端の峠にある大学 から見ると、盆地内部はあいかわらず厚いスモッグに覆われている。


Picture

写真2 大学から見るマナスル連山(2015年3月10日午前9時39分撮影)

去年は雨が多かった。そのため空気中の汚れが落ち、写真1と同じ位置から、ほぼ同じ時期にカトマンズ大学から撮ったマナスル峰が実に良く見えた(写真 2)。去年と今年との大きな違いが良く分かるでしょう。ちなみに、大学の宿舎ベランダから日の出前後に毎朝撮っていた写真を調べると、2015年3月10 日~4月9日の30日間でヒマラヤが見えた日(3/10-13,3/15,3/17-20,3/28,3/31-4/9)は20日間であった。ヒマラヤが 見えた日の割合を展望率と呼ぶことにすると、昨春のヒマラヤ展望率は67%だったのに、今年の2月27日~3月23日の26日間でヒマラヤが見えたのは2 日のみだから、去年とほぼ同時期の今春のヒマラヤ展望率はわずか8%で、去年との違いは歴然としている。


去年はアラビア海からの水蒸気がインド方面にしばしば侵入し、西部ヒマラヤから中部ヒマラヤのネパールまでが雨や雪にみまわれ、大気中の汚れを落とし、ヒ マラヤ展望率が高かったが、今年はインド・ヒマラヤ周辺の乾燥状態が続き、大気汚染のスモッグが滞っているため、このスモッグの層のなかにあるカトマンズ 盆地などからはヒマラヤが見えない。だが、スモッグの上限高度3000m以上に登れば、ヒマラヤが見えることになる。ちょうど悪天時の太陽も、雲の上に出 れば見えるのと似ていようか。

ネパールでも春は作物を植える時期で、春先の雨は“マッカイ(とうもろこし)コ(の)パニ(あめ)”と言われ、歓迎されているが、去年は連日のように午後 の雷雨がつづき、地元の人々も困りはて、ヒマラヤの天気の異常さに気付き始めた時に、あの2015年ネパール地震が起こったのである。里の雨は、山の雪で あるから、カトマンズ盆地の砂や粘土の湖成堆積物は水分を含み軟弱地盤化し、ランタン地域などのヒマラヤ山地は豪雪にみまわれていたところ、地震の揺れ で、カトマンズなどネパール中央部の建物は砂上の楼閣となり多くの人命を奪うことになったことにくわえ、ヒマラヤではランタン村やクンブ氷河のベースキャ ンプなどで雪崩が発生して大惨事を引き起こしたのである。

この未曾有の経験を学び、後世に引き継ぐために、下記のように、カトマンズにヒマラヤ地震博物館を、またその支部施設としてランタン村にヒマラヤ災害情報 センターを作ることが必要ではないかと考え、各方面の方々のお知恵を拝借しているところです。かつてシニアー・ボランティアとしてお世話になったJICA の清水勉所長からは「現在は道路・橋・病院・学校復旧などの緊急支援(Quick Impact Projects)が中心で手いっぱいであるが、支援活動が落ち着いてきたら博物館構想などの中・長期的課題も検討したい」と言われているが、一方カトマ ンズ大学でお世話になっているリジャン・バクタ・カヤスタさんからは「ネパールの日本留学生会(Japan JSPS Alumni Association, JSPS;Japan Society for the Promotion of Science) の会長をしているので会として支援するし、ランタン村のヒマラヤ災害情報センターには、展示室や集会室のほかに、研究者の宿泊施設もほしい」などと前向き な発言をいただいている。今後は、ネパールにあるいくつかの博物館や研究機関をはじめ、4月29~30日にはマナスル峰登頂60周年記念の会がカトマンズ であり、日本やネパールの登山関係者が集まるので、それらの場を通じてヒマラヤ地震博物館構想を広報していきたいと考えている。

ぼくは1974年に山岳博物館構想をいだき、ネパール山岳協会のクマール・カドガ・ビクラム・シャー名誉会長(ビレンドラ元国王のお姉さんの旦那さん)に 提言したことがある。その構想は30年後の2004年にやっと実現し、国際山岳博物館としてポカラに設立された。このヒマラヤ地震博物館構想の実現にそん なに長くかかったら、ぼくは優に100才を越えてしまうのであるが、そんなに長く待てない別の事情がある。それは、今も余震が間欠的に起こっていて、3月 15日朝3時13分には震度3~4程度の地震を体験した。今年になってからだけでも、1月22日、2月6日、11日、22日、24日と3月15日にマグニ チュード4~5程度の地震が6回も起こっている(*)のである。日本同様、プレートの境界に位置するネパールも地震国で、巨大な地震だけでも1833年、 1934年と2015年に発生している。そのような巨大地震時にヒマラヤ山脈は大きく上昇すると言われている。従って、インドとアジアの両プレートが衝突 し、ヒマラヤ山脈が上昇するかぎり、今後ともネパールは地震と共存していかねばならず、次の大きな地震がいつ起きてもおかしくはない状況である。その意味 で、地震博物館構想はJICA流のQuick Impact Projectsのひとつにもなる資格があるであろう。さらに、この構想は自然的な特徴を生かした日本独自の支援になる、と考える。

(*) 地震情報検索[USGS版](世界の地震) http://eq.ideeile.com/u/?area_id=272


PS1 身辺諸事
カトマンズ大学キャンパスのカッコウの初鳴き日は去年とほぼ同じ3月20日(去年は3月18日)だったが、早朝鳴いただけで、日中は鳴き声をちっとも聞か ない。カッコウの鳴き声は独特で、どこからでも、遠くからでも聞こえるのだが。去年は朝から夕方までキャンパスの森にいついて鳴いてくれたのだが、今年は 早朝にちょっと様子を見に来て、どこかへ行っているようだ。22日などは朝から全然声を全然聞いていない。もし、カッコウが棲めないようなキャンパスの森 になってしまったとしたら、現実に進行するヒマラヤを隠してしまうスモッグとともに、ネパール通信1でお伝えしたカトマンズの「黒い(暗い)印象」の材料 がまた増えることになってしまう。キャンパスの森で聞こえよがしに早朝から夕方までうるさく鳴くのはカラスであるが、そのカラス王国の隆盛がカッコウを追 いやっているのかもしれぬ。
PS2 人脈往来
日本の学生一行と地質巡見に来ていたゴンドワナ大陸研究所の吉田勝さんは、3月6日にカトマンズでセミナーを開催した後、ネパール中央部を南北に現地調査 して3月中旬に帰国した。また、北海道大学農学部関係者が行っているカトマンズ盆地の農業調査の一環として山口淳一さんが3月下旬までサクー村周辺での フィールドワークを行っている。さらに本日3月24日に、1970年前後からネパール中央部マナン地域で民俗調査を行っている古川宇一さんが再びマナン地 域に行くためにカトマンズに到着する。