Pocket

1.モンゴルのフブスグル湖-水位変動の原因と対策-

  琵琶湖水位は,9月には-1mちかくまで低下していたが,その後の雨でかなりの回復をみせた.最近の琵琶湖はといえば,水位低下が大きな問題である.貴重な水資源のみならず,生態系にも影響するからである.ところが,モンゴルのフ

2. 2000年のモンゴル調査報告

  琵琶湖水位は,ひところ-1mちかくまで低下していたが,その後の台風・秋雨前線の影響で彦根でも100mm以上の雨がふり,かなりの回復をみせた.しかし,これからどこまで低下するのか.はたして,1994年の大渇水のようにな

3. 2001年のモンゴル調査報告

  「つぎの調査には,ぜひとも馬にまたがり,北部の町,ハンクまで行ってみたい」と思っていたが,「ゆったりとした馬の背に揺られながら」のかわりに由緒ある船「スクバートル号」でその町に行くことができた(毎回のことではあるが,

4. 内陸アジア湖沼群への温暖化影響

-生態的氷河学の観点から- [/wc_highlight]   アジアの大河はヒマラヤ・チベット・モンゴルなどの内陸アジアにその源を発する(図1).黄河・長江・メコン川・ガンジス川・インダス川・オビ川・エニセイ川・レナ川

5. ヒマラヤとモンゴルの経験から

 アジアの大河はヒマラヤやチベット・モンゴル高原などの内陸アジアにその源を発する.黄河・長江・メコン川・ガンジス川・インダス川・オビ川・エニセイ川・レナ川・アムール川などである(図1).人工衛星から眺めれば,内陸アジアに

6. シベリア

シベリア  2001年にシベリヤのヤクーツク周辺で植生と地温構造の関連を調べた。