Pocket

3.Tulagi Glacier Lake

   マナスル峰(8163m)の西方に位置するツラギ氷河湖は長さ3km、幅500mあり、ネパール・ヒマラヤの氷河湖でも大きなもののひとつである。温暖化で、その氷河湖が1970年代以来急速に大きくなってなっているので、氷河湖決壊洪水が起こるのではないかと危惧されている。下流のマルシャンディ河沿いには河原に村々があるので、ひとたび洪水が発生すればかなりの被害がでるだろう。氷河湖下流域には針葉樹の立派な森林があるが、牧草地拡大のために人為的な森林火災が引き起こされている。(1週間半コース)
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

Rapid Increase of Tulagi Glacier Lake in S.W. of Mt. Manaslu
Tulagi Glacier (Dona or Dana) Lake is gaining popularity among tourists
Jeep road is dangerous and causes an environmental deterioration
Hydro-power stations and villages will be washed away at the time of GLOF
Rich coniferous forest is an environmental treasure
High plateau is developed around 3,000m and used as a summer pasture


参考資料
ツラギ氷河湖調査報告
http://glacierworld.weebly.com/512484125211246235519266192257721578.html
2012年秋ネパール調査報告
http://glacierworld.weebly.com/3201224180311791249312497125401252335519266192257721578.html
なぜ、ネパールの大規模氷河湖は決壊しないのか
ネパール中央部マナスル地域のツラギ氷河湖の水位低下現象とGLOFリスク低減機構
http://glacierworld.weebly.com/112394123801228912493124971254012523123982282335215271692770327827282461239927770227301237512394123561239812363.html