2017年ネパール通信3(写真報告) 「カトマンズ大学にきました」を追加しました。

Pocket

「カトマンズ大学にきました」

カトマンズに4日間滞在し、3月14日、カトマンズ盆地の東端ドゥリケルにあるカトマンズ大学に来ました。ここでは大学の近況などについて写真22枚で報告するとともに、2つの会議報告に追われながら、3月27日から4月5日までのランタン村周辺の調査準備をしています。

前述の2つの会議報告の1つ目は、2016年11月に開催された第8回ネパール地質会(下記資料)において発表した「Himalayan Earthquake Museum(ヒマラヤ地震博物館)」で、3月末が原稿提出の締め切りなので、ランタン地域の調査前に提出していくつもりです。2つ目は2017年4月10~11日開催の「International Conference on Mountain Hydrology and Meteorology for the Sustainable Development(持続的開発のための山岳地域の水文と気象に関する国際会議)」の会議報告ですが、その会議がまだ開かれていない3月15日が原稿提出の締め切りでしたので、カトマンズ到着早々に「GLOF Characteristics of the Nepal Himalaya(ネパール・ヒマラヤの氷河湖決壊洪水の特徴)」を提出しました。
続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください