AACH備忘録(8)伊藤秀五郎さんの視点で(2)追加しました。

1)はじめに
「Aさんに『伏見と喧嘩をしたらしいね』と言われてあれあれと思いました」とBさんから2015年10月04日に知らされた時には私(伏見)は大いに驚きました。というのは、“喧嘩”と思しき“ののしりあい”をした二人はBさんと私ではなく、BさんとCさんだったからです。(もう6年も前のことですが、実名を明らかにするのは未だに何となくはばかれるので、とりあえずアルファベットの仮名で話を続けます。)その“喧嘩”とおぼしき現場は北大山岳部     続きを読む

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください